更新情報 バックナンバー

2018年4月18日更新

2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 | 2010
2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 | 2018

2018年

更新月 更新内容
2018年4月 【研究所概要】平成28年度分の年報を掲載しました。
【概要】特任研究員のリストを更新しました。
【刊行物】「山階鳥類学雑誌」第49巻2号 No.138の目次を掲載しました。
【研究所概要】平成25〜27年度分の年報を掲載しました。
【山階芳麿賞】第20回山階芳麿賞候補者の応募受付を締め切りました。ご応募有り難うございました。選考結果は追ってお知らせします。
2018年3月 【研究・調査】御蔵島のノネコ問題に取り組む岡フェローによる「世界最大のオオミズナギドリ繁殖島のノネコ問題」を掲載しました。
【渡り鳥と足環】鳥類標識調査 仕事の実際と近年の成果ページに「渡り鳥等保護条約会議」を掲載しました。
【渡り鳥と足環】鳥類標識調査 仕事の実際と近年の成果ページに「日ロ渡り鳥等保護条約会議に参加」を掲載しました。
【渡り鳥と足環】手賀沼(千葉県我孫子市)のコブハクチョウに標識を行いました。
【読み物コーナー】北海道大学水産科学院の風間健太郎さんによる「風力発電が鳥類に及ぼす影響」を掲載しました。
【標本図書】学術研究に役立てていただくためにご提供可能な、鳥類の組織サンプルのリストを更新しました。
【アホウドリ】アホウドリのヒナを鳥島から聟島へ最初に移送してからちょうど10年を迎え、NHKのサイトで移送プロジェクトが特集記事として取り上げられました。また山階鳥研ブログでも記事にしました。
【イベント情報】山階鳥研所員による月1回のテーマーク、4月の予定を掲載しました。開催日が4月より毎月第3土曜日に変更となりしました。
【ご支援】いつも有り難うございます。ご支援いただいている法人賛助会員およびご寄付くださった法人名のリストを更新しました。
【アホウドリ】出口保全研究室長などが寄稿した、雑誌「生物の科学 遺伝」の特集「世界のアホウドリの保護と保全」をpdfファイルでお読みいただけるようになりました。
山階鳥研が後援している森の公開イベント「オープンフォレスト in 松戸」が4月に開催されます。
【イベント情報】3/3(土)奥野所長と鶴見コレクションディレクターが鳥と人間の関係を考えるシンポジウムでお話しします。
2018年2月
【読み物コーナー】「皇居の鳥 最近5年の調査から」を掲載しました。
【読み物コーナー】雑誌「生物の科学 遺伝」に連載されている「For your lifework」第6回目(最終回)、山崎自然誌研究室長の「鳥から何を学ぶのかーバイオミメティクス」を追加しました。
【アクセス】JR天王台駅からの交通案内を追記しました。
【イベント情報】山階鳥研所員による月1回のテーマトーク、2018年3月の予定を掲載しました。
【イベント情報】3/4(日)長崎で開催の「山階鳥学セミナー(捕獲技術入門編)」はお申込受付を終了しました。たくさんのご応募をいただき、有り難うございました。
2018年1月 【お知らせ】2018年度の「山階鳥研NEWS」表紙写真募集は締め切りました。ご応募くださり有り難うございました。
【イベント報告】バードカービングコンクール2017 山階鳥研所長賞を掲載しました。
【イベント報告】ジャパンバードフェスティバル2017の活動報告を掲載しました。
【刊行物】広報誌「山階鳥研NEWS」1月号の目次を掲載しました。
【イベント情報】3/4(日)長崎で「山階鳥学セミナー(捕獲技術入門編)」を開催します。
【山階芳麿賞】第20回山階芳麿賞の候補者を公募しています。募集要項をご覧の上、自薦他薦にて3月31日必着でご応募ください。
【お知らせ】2/5(月)山階鳥研は業務上の都合により休業いたします。
【イベント情報】1/20(土)尾崎副所長が沖縄でヤンバルクイナのお話をします。山階鳥研はこのイベントを共催しています。
明けましておめでとうございます。所長 奥野卓司の年頭のご挨拶を掲載しました。

▲ このページのトップへ