山階芳麿賞募集要項

 

2018年4月2日更新

山階芳麿賞募集要項 | 山階芳麿賞概要 | 受賞者の選考について
記念メダルと副賞 | 歴代受賞者 | これまでの受賞式とシンポジウム・報道資料

第20回山階芳麿賞候補者の応募受付は締め切りました。ご応募有り難うございました。

第20回山階芳麿賞募集要項

山階鳥類研究所は、財団設立50周年にあたる1992年に、鳥学の発展及び鳥類保護に寄与された山階芳麿博士の功績を記念して、「山階芳麿賞」を創設しました。この賞は、我が国の鳥学研究と鳥類の保護活動に寄与された個人や団体を顕彰することが目的です。

2018年夏に第20回目の贈呈を予定しています。自薦と他薦による公募と、選考委員から推薦された候補者を選考します。募集を下記のように行ないますので、ふるってご応募ください。

対象者

次の各号のいずれかに該当する者(いずれも団体を含む)に対し贈呈します。個人については、半生を通じての功績を評価し、また団体についても個人に準ずる息の長い活動を評価します。故人ならびに解散した団体は対象としません。

  • イ) 日本の鳥類に関する学術的研究等に特に顕著な功績のあった者
  • ロ) 日本の鳥類保護の推進に特に大きな功績のあった者

募集人員

1名または1団体

応募の方法

自薦もしくは他薦によります。応募用紙に必要事項を記入し,締切日までに山階鳥類研究所広報担当(下記送付先)まで,電子メールか郵送のいずれかの方法で送付してください。

応募締め切り

2018年3月31日(必着) しめきりました

審査

山階鳥類研究所で定めた表彰規程に則って組織した選考委員会において審査します。 2018年5月末までに応募・推薦者に結果を通知する予定です。

表彰

2018年夏に表彰を行います。受賞者は、山階鳥類研究所総裁・秋篠宮文仁親王が表彰する予定で、表彰状と山階芳麿賞記念メダルを贈呈します。さらに副賞として「朝日新聞社賞」(賞金50万円と盾)を贈呈します。 受賞者には、2018年9月に開催予定の記念講演会で講演をお願いします。

応募用紙送付先

山階鳥類研究所広報担当宛

電子メール送信先

koho☆yamashina.or.jp (メール送信の際は☆を小文字の@に変えて下さい。)受け取りのメールを確認のこと

郵送先

〒270-1145千葉県我孫子市高野山115 山階鳥類研究所 広報担当 (郵送の場合,封筒表に山階芳麿賞応募書類と朱書きすること)

募集要項ダウンロード

<word版> <pdf版>

このページのトップへ