「コウノトリ繁殖支援プロジェクト@2020神栖」が始まりました。
山階鳥研ではプロジェクトへのご支援を呼びかけています。

2020年4月13日掲載

利根川下流の茨城県神栖(かみす)市で高圧鉄塔に巣づくりを始めたコウノトリのペアに、「人工巣塔」をプレセントし、安全・安心に子育てしてもらおう!というプロジェクトが始動しました。山階鳥研ではこのプロジェクトに賛同し、広く皆様からのご協力を呼びかけています。

「コウノトリ繁殖支援プロジェクト@2020神栖」

【目的】関東地域の河川を基軸とした「エコロジカルネットワーク形成」のシンボルであり、関東初となるコウノトリ野外繁殖を成功させるとともに、日本全国や東アジアにおけるコウノトリの健全な個体群形成に寄与することを目的とします。
【実施内容】①コウノトリが安全・安心に繁殖するための人工巣塔の設置(2基)②地元に迷惑をかけないための来訪者対策の実施
【寄付金目標金額】200万円
【寄付金振込先】りそな銀行池袋支店 (普)4991823 (公財)日本生態系協会 コウノトリ繁殖支援プロジェクト@2020神栖
※1口1,000円 からのご寄付をお願いします。
※ご入金後、お名前・居住地(市町村名)・メーリングリスト(関東のコウノトリに関するものを今後立ち上げ予定です)登録希望の有無を下記までメールでお知らせください。
【問合せ先】エコロジカルネットワーク推進機関 (公財)日本生態系協会(担当;大見・名倉) Tel. 048-649-3860 E-mail: kounotori︎︎☆ecosys.or.jp(メール送信の際は☆を小文字の@に変えてください)
【呼びかけ団体】波崎愛鳥会、日本野鳥の会茨城県、(公財)山階鳥類研究所、(公財)日本生態系協会
詳しくは次のチラシをご覧ください。

神栖コウノトリ
<チラシ(pdf)のダウンロードはこちらから>


このページのトップへ