写真展2018 | 生涯の記録 | 資料の価値 | 資料の概要 | 足跡と原板 | 代表的作品 | 利用方法 | TOP

AVSK_NM_0052

A.資料の点数と種別内訳
    山階鳥類研究所が所蔵する資料の総点数は11,304点であった。種別と各点数を次に表示する。


下村兼史資料の種別点数

下村兼史資料ID略号

種別

点数

AVSK_DM

モノクロ

乾板

975

 乾板計 975

AVSK_NM

モノクロ

大型ネガ

1,874

AVSK_NM

モノクロ

35mmネガ/スリーブ

1,243

 モノクロ・ネガ計 3,117

AVSK_NC

カラー

ネガ/スリーブ

15

AVSK_RC

カラー

ポジ/マウント・スリーブ

968

カラー・ネガ/ポジ計 983

AVSK_PM

モノクロ

プリント

4,201

AVSK_PC

カラー

プリント

14

プリント・モノクロ/カラー計 4,215

AVSK_MC

カラー

映画コマ ポジ/マウント・スリーブ 

158

AVSK_MN

カラー

映画コマ ネガ/スリーブ  

31

AVSK_MM

モノクロ

映画コマ ネガ/スリーブ・ロールフィルム

490

映画コマ モノクロ/カラー計 679

AVSK_OT

 

その他(下村以外の写真等)

417

下村以外の写真計 417

写真等資料小計点数 10,386点

AVSK_MS

 

原稿、台本、スクラップ等

文字資料合計点数 918点

下村兼史資料総合計点数 11,304点


*:写真と双璧をなす下村作品のもう1つの柱は、映画である。下村が1939年に映画の第1作を発表して以降、生涯で21作(「映画作品リスト」参照)を制作したが、それらの作品は下村兼史資料に含まれていない。因みに、映画関連で下村兼史資料に含まれているのは、ジュウイチの託卵シーン(1分43秒)と、スチール写真に伸ばすために映画フィルムを12コマのスリーブに切断して残された映画コマ等679点である。



 11,304点の内、乾板、ネガ、プリント、映画フィルムの一部などの写真等資料が10,386点(総点数の91.9%)、原稿、台本、スクラップなどの文字資料が918点(同8.1%)である。

 写真等資料の内、下村写真の印刷物、下村以外の写真等417点(総点数の3.7%)を除く残りの写真資料9,969点(同88.2%)が下村兼史資料の中核をなす。

 写真資料の内、モノクロの合計は8,783点(総点数の77.7%;写真等資料の84.6%)で、モノクロが写真等資料の量的な特徴といえよう。一方、カラーの合計は1,186点(総点数の10.5%;写真等資料の11.4%)である。

 なお、下村兼史資料全11,304点中、乾板4点、大型ネガ11点、35mmモノクロネガ154点、カラーポジマウント2点、カラーポジスリーブ1点、モノクロプリント3点、映画モノクロ ロールフィルム2点の計177点は個人的な写真のため、これらの資料を削除した。

 

B.データベースの内容
    総てのデータ情報を、次の項目別にデータベースソフトに入力した。
  1. ID番号、撮影年月日、撮影者名、主題、注記、備考、掲載図書、分類、撮影地、その他情報、サイズ、オリジナル保管場所
  2. 「高解像度データ」、「B/W」、「HC(着色)」
  3. プリント資料情報:「裏面 ゴム印」「裏面 メモ」「エンボス」
    プリントの原板が写真資料の中に確認された場合、原板の画像が表示される
  4. 保存整理作業を行う前に資料が入っていた箱や袋の画像

データベース画面


C) Copyright Yamashina Institute for Ornithology. All rights reserved.