公益財団法人 山階鳥類研究所

――下村兼史生誕115周年――

100年前にカワセミを撮った男・写真展

2018年秋 都内ギャラリーで開催予定

カメラそのものが珍しかった100年も昔に
「はい、ポーズ」と言っても聞いてはくれない野の鳥を被写体として
一筋縄ではいかない旧式カメラを駆使し
生涯、自然の中で写真と映像を撮り続けた
心優しきガッツな男

下村兼史

ハンサム、酒豪、クリスチャン

カメラセンスはもとより、著述、イラスト、音楽の才に恵まれた
野鳥生態写真の先駆者下村兼史の作品と生きざまを
山階鳥類研究所所蔵の世界で唯一の下村資料を中心に
多角的に展示紹介する日本で初の企画です。

主催

公益財団法人山階鳥類研究所

後援

  • 朝日新聞社、
  • 一般財団法人日本カメラ財団、
  • 日本写真芸術学会、
  • 日本鳥学会、
  • 公益財団法人日本鳥類保護連盟、
  • 公益財団法人日本自然保護協会、
  • 公益財団法人日本野鳥の会、
  • 公益財団法人世界自然保護基金ジャパン、
  • 環境省、
  • 文部科学省

顧問

  • 倉本 聰 (脚本家)
  • 嶋田 忠 (野生生物映像作家・写真家)

写真展実行委員会

委員長
山岸 哲
(公財)山階鳥類研究所名誉所長・理事、兵庫県立コウノトリの郷公園園長
副委員長
小林隆成
(公財)山階鳥類研究所理事、羽黒山大聖寺住職
事務局長
塚本洋三
(公財)山階鳥類研究所特任研究員、(有)バード・フォト・アーカイブス取締役

ご寄附のお願い

公益事業の一環として下村兼史の写真展を主催する山階鳥類研究所は、純粋に民間の研究機関です。日本で初となる多角的な下村兼史写真展を皆さまにご満足いただけるよう開催するためには、多額の資金が必要となります。皆さまからのご支援は欠かせません。叱咤激励とともに、暖かいご支援を是非ともお願い申し上げます。

「公益財団法人」に認定されている山階鳥類研究所へのご寄附には、税制上の優遇措置が適用されます。詳しくは「税法上の特典」をご覧ください。

 郵便振込をされる方

  • 口座番号 00140-0-411064
  • 口座名義 (公財)山階鳥類研究所
  • ご寄附の際は、郵便振替用紙の通信欄に「下村兼史写真展指定寄附」と必ず明記してください。
  • 振替手数料ご負担のない郵便振替用紙ご希望の方は、下記の写真展実行委員会事務局へご連絡ください。

 銀行振込をご希望の方

  • 下記の写真展実行委員会事務局へご連絡ください。
  •  
  • 下村兼史生誕115周年・写真展実行委員会事務局
  • 〒111-0052 東京都台東区柳橋 2-1-9-901 (有)バード・フォト・アーカイブス内
  • Tel & Fax: 03-3866-6763
  • e-mail: info☆bird-photo.co.jp(メール送信の際☆を小文字の@に変えてください)

 山階鳥類研究所では写真展以外でも一般的なご寄附、ご遺贈、および賛助会員を随時募集しております。詳細・お問合せは、「ご支援のお願い」ページをご覧ください。

この写真展で展示される資料のうち山階鳥類研究所所蔵のものは、文部科学省科学研究費補助金(特定奨励費)を受けて整理保存が行われたものです。

下村兼史写真展の専用ウェブサイト(予告)

2017年後半に写真展の専用サイトを立ち上げる予定です。それまでの間、下村兼史関連の情報は、当山階鳥類研究所のサイト「下村兼史資料」ページの他、下記をご参照ください。

このページのTOPへ