研究所概要

所員紹介(研究業績)

2021年7月20日更新

[総裁] [理事長] [所長][副所長] [事務局] [自然誌研究室] [保全研究室] [組織図]

森本 元(もりもと・げん)Gen MORIMOTO 研究業績

プロフィールはこちら

●論文

◆水田 拓・尾崎清明・澤 祐介・千田万里子・富田直樹・仲村 昇・森本 元・油田照秋. 2022. 日本の鳥類標識調査 ―その意義と今後の展望 山階鳥類学雑誌. 54(1): 71-102.

◆Iijima, D., Kobayashi, A., Morimoto, G., Hasegawa, M., Abe, S., & Murakami, M. 2022. A trait-based approach to seasonal dynamics of an alpine and subalpine passerine bird assemblage. Journal of Ornithology, 1-13. DOI: https://doi.org/10.1007/s10336-022-01962-9

◆森本元. 2021. 鳥類学におけるロボット技術やAIの関わり. 人工知能学会第二種研究会資料, 2021(Challenge-058):01-05. DOI: https://doi.org/10.11517/jsaisigtwo.2021.Challenge-058_01

◆Mikami, K., Morimoto, G., Ueno, Y., & Mikami, O. K. 2021. Vertical space utilization by urban birds and their relationship to electric poles and wires. Landscape and Ecological Engineering, 1-12. DOI: https://doi.org/10.1007/s11355-021-00479-2

◆藤岡 健人・森本 元・三上 修. 2021. 北海道におけるカラス類の電柱への営巣:撤去にかかるコストの算出と営巣数の多い地域の環境要素の解析. 日本鳥学会誌 70(2) : 125-130. DOI: https://doi.org/10.3838/jjo.70.125

◆藤岡 健人・森本 元・三上 かつら・三上 修. 2021. カラス類は都市緑地から遠い電柱に営巣する傾向があるのか. 日本鳥学会誌 70(2) : 153-159. DOI: https://doi.org/10.3838/jjo.70.153

◆三上 修・三上 かつら・ 森本 元・上野 裕介. 2021. 鳥類は電柱および電線にどのように止まるのか. Bird Research 17:A11-A19. DOI: https://doi.org/10.11211/birdresearch.17.A11

◆Iijima D., Morimoto G.. 2021. Bird community heterogeneity along four gradients of different orientations on a temperate mountain. ORNITHOLOGICAL SCIENCE 20(1) 65-82. DOI: https://doi.org/10.2326/osj.20.65

◆Ueta, T., Fujii, G., Morimoto, G.. 2020. Full-model Finite-element Analysis for Structural Color of Tarsiger cyanurus’s Feather Barbs. Forma 35: 21–26. https://doi.org/10.5047/forma.2020.005

◆吉安京子・森本 元・千田万里子・仲村 昇. 2020. 鳥類標識調査より得られた種別の生存期間一覧(1961–2017年における上位2記録について). 山階鳥類学雑誌 52(1): 21-48.

◆Kasahara, S., Morimoto, G., Kitamura, W. et al. 2020. Rice fields along the East Asian-Australasian flyway are important habitats for an inland wader’s migration. Sci Rep 10, 4118. https://doi.org/10.1038/s41598-020-60141-z

◆齋藤武馬・森本 元・小林さやか・浅井芝樹・平岡 考. 2018. 山階鳥類研究所の寄贈標本 ―風間辰夫氏収集標本目録―. 山階鳥類学雑誌 50(1): 35-85.

◆Takahiro Kato, Shin Matsui, Yohey Terai, Hideyuki Tanabe, Sayaka Hashima, Satoe Kasahara, Gen Morimoto, Osamu Mikami, Keisuke Ueda 2017. Male‐specific mortality biases secondary sex ratio in Eurasian tree sparrows Passer montanus. Ecology and Evolution 7: 10675-10682.

◆金子崇人・森本 元・上田恵介. 2017. メボソムシクイ Phylloscopus xanthodryas の雌雄の繁殖回数と給餌分担. 日本鳥学会誌 66: 29-33.

◆Kawamura, A., Kohri, M., Morimoto, G., Nannichi, Y., Taniguchi, T., Kishikawa, K. 2016. Full-Color Biomimetic Photonic Materials with Iridescent and Non-Iridescent Structural Colors. Scientific Reports 6: 33984.

◆Kuriyama, T., Morimoto, G., Miyaji, K., Hasegawa, M. 2016. Cellular basis of anti-predator adaptation in a lizard with autotomizable blue tail against specific predators with different colour vision. Journal of Zoology 300: 89-98.

◆Matsui, S., Kasahara, S., Kato, T., Izumi, H., Morimoto, G., Ueda, K., Mikami, O. 2016. Badge size of male Eurasian Tree Sparrows (Passer montanus) correlates with hematocrit in the breeding season. Ornithological science 16: 87-91.

◆森本 元. 2016. 鳥の成熟と体色変化. 生物科学 67: 168-176.

◆森本 元. 2016. 鳥類の羽色と機能~羽毛の発色と生物学的背景~. 色材協会誌 89: 184-190.

◆Tanaka, K., Morimoto, G., Ueda, K. 2016. Equivocal responses to experimental brood sizes in a hawk-cuckoo host: brood size as a reference for parental provisioning decisions?. Ethology 122: 640-648.

◆岡久雄二・佐々木礼佳・大久保香苗・東郷なりさ・小峰浩隆・高木憲太郎・森本 元. 2016. 青木ヶ原における森林性鳥類の営巣環境. 富士山研究 10: 41-45.

Shin Matsui, Satoe Kasahara, Gen Morimoto, Osamu K. Mikami, Mamoru Watanabe, Keisuke Ueda 2015. Radioactive contamination of nest materials of the Eurasian Tree Sparrow Passer montanus due to the Fukushima nuclear accident: The significance in the first year. Environmental Pollution 206: 159–162.

Masayuki Kawatsu, Gen Morimoto, Maiko Kagami 2015. Seasonal changes in the water bird community in Lake Inba: Influence of floating-leaved macrophytes on habitat selection. Aquatic Botany 126: 32–37.

◆鶴井香織・高橋佑磨・森本 元 2015. クライン研究を成功させるために:クライン研究のあゆみと新しい分類方法の提案.日本生態学会誌 65: 33-37.

◆森本 元・高橋佑磨・鶴井香織 2015. 量的形質に見られるクラインの基礎的理解への試み. 日本生態学会誌 65: 39-46.

◆高橋佑磨・鶴井香織・森本 元 2015. 質的形質に見られるクラインを理解するための新たな枠組み. 日本生態学会誌 65: 47-60.

◆三上 修・菅原卓也・松井 晋・加藤 貴大・森本 元・笠原里恵・上田恵介. 2014. スズメによる電柱への営巣:地域および環境間の比較. 日本鳥学会誌 63: 3-13

◆Tsuyoshi Ueta, Garuda Fujii, Gen Morimoto, Kiyoshi Miyamoto, Akinori Kosaku, Takeo Kuriyama and Takahiko Hariyama 2014. Numerical study on the structural color of blue birds by a disordered porous photonic crystal model. EPL: A letters journal exploring the frontiers of Physics 107: 1-5.

◆岡久雄二・大久保香苗・高木憲太郎・森本 元. 2014. 焼間と青木ヶ原溶岩流上の繁殖鳥類相の比較. 富士山研究 8: 1-6.

◆加藤貴大・松井 晋・笠原 里恵・森本 元・三上 修・上田 恵介. 2013. 都市部と農村部におけるスズメの営巣環境,繁殖時期および巣の空間配置の比較. 日本鳥学会誌 62: 24-30.

◆笠原里恵・森本 元・山口泰弘・三上 修・上田 恵介. 2013. 水稲田における水稲の成熟段階および住宅からの距離がスズメ Passer montanusの採食場所選択に与える影響. 日本鳥学会誌 62: 24-30.

◆三上 修・三上 かつら・松井 晋・森本 元・上田 恵介. 2013. 日本におけるスズメ個体数の減少要因の解明:近年建てられた住宅地におけるスズメの巣の密度の低さ. Bird Research 9: A13-A22.

◆Yuji Okahisa, Gen Morimoto, Kentaro Takagi, Keisuke Ueda. 2013. Effect of pre-breeding moult on arrival condition of male Narcissus Flycatchers Ficedula narcissina. Bird study 60:140-144.

◆岡久雄二・小西広視・高木憲太郎・森本 元. 2012. 青木ヶ原の繁殖鳥類相. 富士山研究 3:39-42.

◆Yuji Okahisa, Gen Morimoto, Kentaro Takagi.2012. A description of natural nest sites and nest characteristics of Narcissus Flycatcher Ficedula narcissina. Ornithological science 11: 87-94.

◆Yuma Takahashi, Gen Morimoto, Mamoru Watanabe. 2012. Ontogenetic colour change in females as a function of antiharassment strategy. Animal Behaviour 84: 685–692.

◆森本元・高橋雅雄. 2012. 鳥類の野外観察や捕獲調査における亜種同定の重要性とその学術論文化の必要性. 日本鳥類標識協会誌 24: 20-25.

◆岡久雄二・森本 元・高木憲太郎. 2012.キビタキFicedula narcissina の採餌行動の性差. 日本鳥学会誌 61: 91-99.

◆森本 元.2011. 地上営巣性であるルリビタキTarsiger cyanurusの巣立ち雛へのツミAccipiter gularisによる捕食. 日本鳥類標識協会誌 23: 61-65.

◆岡久雄二・小西広視・高木憲太郎・森本元.2011. キビタキFicedula narcissina の雄の齢査定法の検討. 日本鳥類標識協会誌 23:12–18.

◆三上 修・森本 元.2011. 標識データに見られるスズメの減少. 山階鳥類学雑誌 43: 23–31.

◆高川晋一・植田睦之・天野達也・岡久雄二・上沖正欣・高木憲太郎・高橋雅雄・葉山政治・平野敏明・三上 修・森さやか・森本 元・山浦悠一. 2011. 日本に生息する鳥類の生活史・生態・形態的特性 に関するデータベース「JAVIAN Database」. Bird Research 5:R9-R12.

◆Akira Chiba, Masahiko Nakamura & Gen Morimoto. 2011. Spermiophagy in the male reproductive tract of some passerine birds. Zoological Science 28: 689–693.

◆松井晋・笠原里恵・森本 元・三上 修・上田恵介.2011. スズメPasser montanus の巣内雛の成長様式. 日本鳥類標識協会誌 23: 1–11.

◆Tanaka,K.D., Gen Morimoto, Stevens, M. & Ueda, K.2011. Rethinking visual supernormal stimuli in cuckoos: visual modeling of host and parasite signals. Behavioral Ecology 22: 1012–1019.

◆三上修・植田睦之・森本 元・笠原里恵・松井 晋・上田恵介. 2011.都市環境に見られるスズメの巣立ち後ヒナ数の少なさ~一般参加型調査 子雀ウォッチの解析より~. Bird Research 7: A1-A12.

◆森本 元.2011. 高山(亜高山帯)におけるヒヨドリ Hypsipetes amaurotis の出現. Strix 27: 105-112.

◆松井 晋・笠原里恵・三上かつら・森本 元・三上 修. 2011. 秋田県大潟村でみつかったスズメの9卵巣. Strix 27: 83-88

◆Shin-ichi Kudo, Yoshinobu Akagi, Syuichiro Hiraoka, Tsutomu Tanabe and Gen Morimoto.2011. Exclusive male egg care and deter- minants of brooding success in a milli- pede. Ethology 117: 19-27.

◆Nozomu J. Sato, Gen Morimoto, Richard A. Noske, Keisuke Ueda.2010. Nest form, colour, and nesting habitat affect predation rates of Australasian warblers (Gerygone spp.) in tropical mangrove. Journal of the Yamashina Institute for Ornithology 42: 65-78.

◆Masao Takahashi, Gen Morimoto, Jun-ichi Ebina and Akio Miya. 2010. A Preliminary Note on Plumage Colouration in the Japanese Marsh Warbler, Locustella pryeri: A Comparison between Two Local Population. Journal of the Yamashina Institute for Ornithology 42: 102-106.

◆栗山武夫・宮地和幸・杉本 雅純・森本元・長谷川雅美. 2009. オカダトカゲの色彩パターンの地理的変異を生み出す色素細胞. 爬虫両棲類学会報 2: 169-174.

◆Gen Morimoto, Noriyuki Yamaguchi, Keisuke Ueda.2006. Plumage colour function as a status signalling on male-male interaction on the Red-franked Bushrobin Tarsiger cyanurus. Journal of Ethology 24: 261-266.

◆Daichi S. Saito, Gen Morimoto, Anzu Fukunaga, Keisuke Ueda. 2006. Isolation and characterization of micro satellite markers in red-flanked bushrobin, Tarsiger cyanurus (Aves: Turdidae). Molecular Ecology Notes 6: 425-427.

◆Keita D. Tanaka, Gen Morimoto, Keisuke Ueda. 2005. Yellow wing- patch of a nestling Horsfield's-hawk cuckoo Cuculus fugax induces miscognition by hosts: mimicking a gape?. Journal of Avian Biology 36: 461-464.

◆Gen Morimoto, Keita Tanaka and Keisuke Ueda. 2004. A Second Case of Brood Parasitism of Olive-backed Pipits (Anthus hodgsoni) by the Horsfield's Hawk Cuckoo (Cuculus fugax).Journal of the Yamashina Institute for Ornithology 36: 97-101

●書籍

◆森本 元 他(編・著). 2022. 動物の体色がわかる図鑑(秋山 豊子 監). グラフィック社, 東京.

◆森本 元. 2021. 夏, ルリビタキは山にいる〜鳥の垂直分布を理解する〜. BIRDER SPECIAL ジョウビタキ・ルリビタキ・オジロビタキ(BIRDER編集部 編). 文一総合出版, 東京.

◆森本 元. 2021. 青くないルリビタキの正体は?〜ルリビタキの特徴的な羽色変化〜. BIRDER SPECIAL ジョウビタキ・ルリビタキ・オジロビタキ(BIRDER編集部 編). 文一総合出版, 東京.

◆森本 元. 2021. 羽の色の不思議. 日本野鳥の会のとっておきの野鳥の授業(日本野鳥の会 編・上田恵介 監). 山と溪谷社, 東京.

◆森本 元(監・分担執筆). 嶋田 哲郎(著). 2021. 知って楽しいカモ学講座 カモ、ガン、ハクチョウのせかい. 緑書房, 東京.

◆森本 元(監). 長谷川 克(著). 2021. ツバメのせかい. 緑書房, 東京.

◆森本 元(監). Mike Unwin・David Tipling(著). 2021. 世界の渡り鳥大図鑑. 緑書房, 東京.

◆森本 元 他(著). 2020. 鱗の博物誌. グラフィック社, 東京.

◆長谷川 克(著). 森本 元(監修). 2020. ツバメのひみつ. 緑書房, 東京.

◆森本 元 他(分野別監修), 白數哲久(監修). 2020. 小学館の子ども図鑑 プレNEO 楽しく遊ぶ学ぶ まだある!ふしぎの図鑑. 小学館, 東京.

◆森本 元. 2019. 鳥の色彩と遺伝的背景. 遺伝子から解き明かす 鳥の不思議な世界(上田恵介 編). 一色出版, 東京.

◆齋藤武馬, 森本 元(監修)マット・メリット(著). 2018. My Picture Book 世界の鳥. 青幻社, 京都.

◆山崎剛史, 森本元(監訳). 2018. Marianne Taylor(著). フクロウ大図鑑. 緑書房, 東京.

◆森本 元(指導協力). 2018. 岡本依子(監修). 八木橋麗代(絵). ちっちゃなプレNEO 2・3・4さい きせつのえずかん 3冊セット. 小学館, 東京.

◆森本 元. 2017. (一部監修). 心やさしく賢い子に育つみじかいおはなし366. 小学館, 東京.

◆森本 元. 2016. ルリビタキを中心とした富士山での長期野外研究—その背景にある上田研究室の歴史—. 野外鳥類学を楽しむ(上田恵介 編). 海游舎, 東京.

◆森本 元. 2015. 第4章 コラム4. 羽や翅に見られる構造色. 生物の形や能力を利用する学問バイオミメティクス(野村周平・篠原現人編著), 東海大学出版部, 秦野.

◆自然誌学会連合(監修).2015.理科好きな子に育つふしぎのお話し365.誠文堂新光社,東京.(浅井芝樹, 岩見恭子, 平岡考, 森本 元,山崎剛史(インタビューによる情報提供))

◆BIRDER編集部 (編)・渡邊修治 (著)・峯尾 雄太 (著)・西 教生 (著)・森本 元 (著). 2014. 富士山バードウォッチングガイド. 文一総合出版, 東京.

◆森本 元.2013. 行動生物学辞典. 東京化学同人, 東京.(分担執筆).

◆森本 元・川嶋隆義(執筆). 2013. 鳥 . 川上和人(監修). 箕輪義隆(絵),ポプラディア大図鑑WONDA. ポプラ社. 東京.

◆森本 元(目録編集委員会として) 2012. 日本鳥類目録第7版. pp. 日本鳥学会. 三田.

◆森本 元(監修協力) 2012. 小学館の図鑑 NEO POCKET -ネオぽけっと-鳥. pp. 小学館. 東京.

◆森本 元(分担執筆) 2011. バードリサーチ生態図鑑. バードリサーチ生態図鑑 pp.118-120. バードリサーチ. 東京.

◆森本 元(分担執筆) 2004. 年寄りほど派手に-ルリビタキのオス鳥. 森の野鳥に学ぶ 101のヒント pp.160-161. 東京書籍, 東京.

◆森本 元(分担執筆) 2001. 陸鳥. 谷津干潟ハンドブック pp.84-111. 習志野市, 千葉.


▲ このページのトップへ