蔵書検索(OPAC)について

2016年3月2日更新

山階鳥類研究所の蔵書検索(OPAC)について

山階鳥類研究所が所蔵する図書資料は、初代理事長(故)山階芳麿博士が収集した鳥類に関係する図書や、鷹司信輔・黒田長禮両博士をはじめとする鳥類研究者、多数の一般の方々や関係機関・出版社などから寄贈していただいた図書がベースとなっています。

その後も鳥類を主とする自然関係の図書の収集を行い、現在蔵書数は約4万冊となりました。この間、これら図書については、記念文庫目録や雑誌・単行本目録など図書目録の刊行というかたちで情報を提供してまいりましたが、2006年より蔵書目録の電子化を進め、2011年2月、ウェブサイト上での蔵書検索(OPAC)をスタートさせました。現在検索できるのは雑誌と単行本の一部ですが、今後、他の図書資料についても順次公開する予定です。私たちは山階鳥類研究所が所蔵する図書資料が、鳥学研究者はもとより、鳥や自然に興味を持つ多くの方々の知の探求の一助となることを願っています。

図書データベースは、文部科学省科学研究費補助金特定奨励費の交付を受けて作成されました。

山階鳥類研究所の図書資料

  • 下村兼史資料
  • 小川三紀資料
  • 山階鳥類学雑誌 J-Stageのページ
  • 所蔵名品から

図書の閲覧・利用について


このページのトップへ