▼自然史研究機関としての山階鳥類研究所
秋篠宮文仁(あきしののみや・ふみひと)
Akishinonomiya Fumihito

● 生年
1965年生


●学歴
1988年 学習院大学法学部政治学科卒業
1988〜1990年 オックスフォード大学大学院動物学科在籍
1989〜1990年 オックスフォード大学大学博物館在籍
1989〜1990年 自然史博物館(大英博物館)在籍
1996年 理学博士(総合研究大学院大学)

●職歴
1986年〜 (財)山階鳥類研究所総裁
1988年〜 (社)日本動物園水族館協会総裁
1992年〜  (財)日本テニス協会名誉総裁
1997年〜 (財)世界自然保護基金ジャパン名誉総裁
2000年〜 日蘭協会名誉総裁
2004年〜  特定非営利活動法人 全日本愛瓢会 名誉総裁
2005年〜 サイアム・ソサエティー 名誉副総裁
2007年〜 東京大学総合研究博物館 特招研究員
2008年〜 東京農業大学 客員教授

●専門分野
民俗生物学。生き物と人との多様な関係に関心を抱いており、そのなかから何らかの秩序を見いだせないかと考えている。鳥類に関しては、鶏の家禽化過程や品種化の意味を、それぞれの地域における生活習慣や信仰などから考察している。


●授与

1995年 タイ王国カセートサート大学より名誉博士号(水産生物学)
1995年 タイ王国ブーラパー大学より名誉博士号(理学)
1999年 タイ王国コーンケーン大学より名誉博士号(水産学)
2001年 タイ王国シーナカリンウイロート大学より名誉博士号(理学)
2001年 タイ王国チュラーロンコーン大学より名誉博士号(理学)
2003年 タイ王国タイ・ウボンラーチャタニー大学より名誉博士号(農学)
2007年 タイ王国キングモンクット工科大学より名誉博士号(水産学)
2011年 タイ王国カセートサート大学より名誉博士号(理学(畜産学))
2011年 タイ王国チエンマイ大学より名誉博士号(人文学(人間・環境管理学))
2012年 タイ王国タマサート大学より名誉博士号(理学(農業技術))


●出版物(鳥類に関するものに限定)

Takamatsu, J., Uehara, Y., Masuda, T., Nakawaza, A., Ikeuchi, K., Okabe, A., Hayashi, Y., Ino, Y., Oka, T., Nomura, K., Amano, T., and Akishinonomiya, F. 2005. A Novel Osteometrical Method Using Computer Vision Techniques for Comparison of Morphological Differences. J. Yamashina Inst. Ornithol, 36:120-128.

吉田彰・秋篠宮文仁・山岸哲・谷田一三 2005. 象鳥(エピオルニス)卵殻片半化石を産するマダガスカル南部フォーカップの海岸砂丘における地温の年間変動の調査. 山階鳥学誌, 36:136-140.

中野武・宝来聡・吉田彰・秋篠宮文仁・山岸哲 2005. 象鳥(エピオルニス)卵殻の切断作業. 山階鳥学誌, 36:154-16.

Okabe, A., Satoh, T., Okabe, K., Nakagawa, T., Imamura, E., Matsushita, K., Nagano, K., Ishiwatari, Y., Amemoto, K., Hayashi, Y. & Akishinonomiya, F.:
Applicability of a Wireless Fidelity Positioning System to Tracking Free-range Domestic Fowl (Gallus gallus domesticus) and Helmeted Guineafowl (Numida meleagris galeata) .
J. Yamashina Inst. Ornithol, 38:30-39

Okabe, A., Satoh, T., Okabe, K., Imamura, E., Morathop, S., Jailanka, C., Ratanasermpong, S., Hayashi, Y., and Akishinonomiya, F. 2006. Acquisition of spatio-temporal data of free-range chicken using a Wireless Fidelity (WiFi) positioning system and spatial analysis of the obtained data. The papers and proceedings of the geographic information systems association. 15: 395-400.

Oka, T., Ino, Y., Nomura, K., Kawashima, S., Kuwayama, T., Hanada, H., Amano, T., Takada, M., Takahata, N., Hayashi, Y., and Akishinonomiya, F. 2007. Analysis of mtDNA sequences shows Japanese native chickens have multiple origins. Animal Genetics. 38:287-293.

秋篠宮文仁・西野嘉章(編)2008.『鳥学大全』東京大学出版会.

ほか



トップページ
Copyright 2002, Yamashina Institute for Ornithology. All rights reserved.